レビトラで完全復活した話

ここでは勃起障害だった私が勃起障害を克服するきっかけとなった薬、レビトラについてご紹介します。現在ではレビトラなしで性行為を行うことができる私ですが、以前は泣きたくなるほどペニスに自信がありませんでした。

記事一覧

レビトラの副作用には注意すべし

レビトラの副作用として最も考えられる症状は何でしょうか。一般的な治療薬の比較としても、基本的にレビトラは他の薬のようにあからまさな副作用が身体に生じることはあまりありません。治療薬特有の風の初期症状に似た症状は出てしまうことはありますが、それ以上の症状に関しては身体に生じる可能性が低いので、継続的にも服用しやすいというメリットが有るのです。実際に、統計的な臨床データでもレビトラの性能はすべての面において全時代のバイアグラを上回っているという結果が出ているので、医学的な観点からも安全性は保証されています。ただし、たった一つだけ絶対にやってはいけないことがレビトラには存在します。それは、グレープフルーツと一緒に薬を摂取してしまうことでこれをやってしまうと副作用にとどまらず身体に重大な後遺症が生じてしまう可能性もありますので気をつけて使わなくてはいけません。グレープフルーツに関しては、そのままの製品だけではなくグレープフルーツの果汁が含まれているものが全般的にダメなので、この点は知っておかなくてはいけません。グレープフルーツの成分はレビトラの成分と強豪をして身体に大きな異常を発生させることがわかっていて、最悪のケースでは身体の機能不全を招いてしまうこともあります。バイアグラ時代にも正しい使い方をせずに緑内障などの症状が出てしまい世界的に問題となった時期がありましたが、レビトラに関してもこうした一部の食べ物に関しては例外として身体に異常を生じさせますので忘れないように注意をしておくことです。グレープフルーツに関しては説明にもきちんと書いていますので、確認を怠らないように正しく服用しましょう。

続きを読む

レビトラでED克服、その後はレビトラ無しで絶好調

レビトラでEDを克服したら、その次からレビトラなしで勃起できる方もいるのです。
動脈硬化や血行不良によるEDならば、これらの症状が改善するまでED治療薬は手放せないでしょう。
しかし、精神的な問題によって発生しているEDならば、SEXの成功によって自信が復活して、次回からレビトラが不要になることもあります。
例えば、SEXで射精できずに終わることが何度か続けば、男性としては自信を喪失してしまうでしょう。
SEXに対して消極的になり、避けるようになる方もいますが、セックスレスになると嫌なので行っているという男性もいます。
性生活はパートナーが存在することが前提であるため、相手のことも考えなくてはいけません。
自分さえよければいいという考えでは、性生活を充実させることはできないのです。

SEXの失敗が続くようになったら、レビトラを服用して勃起力を高めていきましょう。
薬を服用することで安心感が生まれますし、勃起力が増すので性欲さえあればOKです。
医療機関で検査を受けて、心因性の要因が強いと判断されれば精神安定剤の処方を受けることもあります。
いずれにしてもメンタルの問題が解消すれば、心因性のEDはすぐに治るのです。

心因性のEDならば精神安定剤の服用だけで治ることもあります。
男性のメンタルは女性が想像している以上にもろいものですが、復活するのも早いのが特徴です。
SEXの失敗が重なって自信を喪失しているなら、第一に自信を回復していくことが大切です。
レビトラはED治療薬の中でも抜群の即効性があり、勃起力もバイアグラに次いで強いです。
若いころを思わせるような勃起力が手に入るため、いつもより女性を喜ばせることができるでしょう。

続きを読む