レビトラで完全復活した話

ここでは勃起障害だった私が勃起障害を克服するきっかけとなった薬、レビトラについてご紹介します。現在ではレビトラなしで性行為を行うことができる私ですが、以前は泣きたくなるほどペニスに自信がありませんでした。

後発品であるレビトラは医師の処方改定がある?

科学技術が発達した昨今、物質面ではかつて味わったことのないほどの裕福な世界を堪能できている時代にあります。
ただ、そんなリッチな社会にあって、自分の思いのままにならない事象も目立ってきているのが現実です。
その一つに、EDの蔓延があります。
男性の勃起不全症状が異様なまでに広がっているのです。
若い男性の間でも珍しくなく、思いのほか深刻な事態に直面しています。
ED男性本人だけの問題ではなく、そのパートナーにも打撃を与え、人間関係の悪化といった状態をもたらすのです。
ただし、昨今は有効なED治療薬が提供されるようになり、ED患者の希望となっています。
ED治療薬の草分け的存在はバイアグラです。
そして、バイアグラの後発品として、バイエル薬品からレビトラが発売されました。
日本では、2004年4月に厚労省から製造販売が許可されました。
レビトラが効能を発揮するメカニズムは、性器の血管を拡張させることで勃起を助長する役目を果たしています。
注意しなければならないのは、レビトラを飲めばたちどころに勃起するというわけではない、という点です。
あくまでも、服用後に性的刺激を受けて性的に興奮し、勃起現象が出たときにそれを補助してくれるというものです。
ですから、レビトラそのものには性的興奮作用や性欲増強作用などはありません。
レビトラを入手するのは、医療機関で医師の診察を受けて処方してもらうというのが一般的です。
平均的には、診察を受けて5~10分でレビトラが処方されます。
医師の診察を受けるというのは、レビトラが最適な薬であるかどうかの判断のために必要だからです。
ED治療での薬の選択は非常に微妙なのです。
経過によっては、治療薬をほかのものに改定する可能性もあります。
だからこそ、医師の診察を受けることが重要なのです。