レビトラで完全復活した話

ここでは勃起障害だった私が勃起障害を克服するきっかけとなった薬、レビトラについてご紹介します。現在ではレビトラなしで性行為を行うことができる私ですが、以前は泣きたくなるほどペニスに自信がありませんでした。

レビトラの影響で動脈硬化は治るのか

レビトラは下半身を元気にしてくれますが、動脈硬化を治すことはできません。
動脈硬化は遅らせることができますが、完全に進行を止めることはできないのです。
EDには動脈硬化が大いに影響しており、血流が悪くなるほど勃起力は弱くなります。
勃起時にペニスに触れてみると、血管がドクドクと脈打っていたという経験はあるでしょう。
若いころのペニスは元気ですが、動脈硬化の影響によって血流が悪くなってくると、このドクドク感が弱くなっていくのです。
それにより陰茎海綿体を十分な血液で満たすことができなくなり、勃起不全を引き起こしてしまうわけです。
EDにはレビトラが非常に効果的ですが、その効果は永遠に続くものではありません。
何よりも血流をよくするのは日々の生活改善にあるため、乱れた生活から正していく必要があります。
その上でレビトラを服用し、SEXを成功させていきましょう。

動脈硬化を促進する要因は、肥満とほぼ同じと考えていいでしょう。
つまりは肥満になってしまう方は、動脈硬化の進行も早いわけです。
健康診断を受けると、かなりの確率で医師から減量するように言われることでしょう。
肥満という症状は、健康状態を知るためのバロメーターとして最も効果的なのです。
高血圧や高血糖などは、かなり進行しないと自覚できない症状なのです。
それに対して肥満は、体型を見れば即座にわかり、すぐに不健康を正すことができます。
肥満を解消できるようになったら、生活習慣が改善している証拠であり、EDの症状も軽減しているはずです。
EDには肥満、血管障害などが大きく影響するため、食生活では脂肪分の多いメニューは避けていきましょう。
あっさりとした塩分控えめの和食をメインとした食生活がおすすめです。