レビトラで完全復活した話

ここでは勃起障害だった私が勃起障害を克服するきっかけとなった薬、レビトラについてご紹介します。現在ではレビトラなしで性行為を行うことができる私ですが、以前は泣きたくなるほどペニスに自信がありませんでした。

クエン酸シルデナフィルと似たレビトラのサポート

レビトラはED治療薬として2番目に誕生した薬で、勃起作用をサポートしてくれます。催淫作用がある薬とは違って、薬が作用している間に性的な刺激や興奮があれば勃起して維持することができますが、刺激や興奮がなくなれば、作用している時間帯であっても勃起はおさまります。

世界で最初に開発されたED治療薬はクエン酸シルデナフィルが有効成分として含まれていて、食事の影響を受けて効果が薄れる心配があるため空腹時に飲む必要があったのに対して、レビトラは塩酸バルデナフィル水和物が用いられていて、似ている化学構造をもちながらも水に溶けやすい点に違いがあり、体への吸収性が早く食後に飲んでも影響を受けにくい特徴があります。即効性と持続性がよりあることもレビトラの優れている点で、最初に開発されたED治療薬の欠点が改善された薬であるといえます。

血管拡張作用により、一時的に頭痛や顔のほてり、鼻づまりや動悸、目の充血などから色覚変化を感じる人もいます。作用がなくなれば戻ることが多いですが、状態が酷い場合には医師に相談したほうが良いです。

病気により血管に影響が出ていたり、薬の副作用によってEDになっている場合あまり効果が期待できないことがあります。現在ほかの病気を治療中で薬の服用も続けている場合、併用できない薬があるので注意しなければなりません。禁忌薬として硝酸剤が有名ですが、抗不整脈薬や一酸化窒素供与剤もよくないです。

過去に梗塞を起こした経験がある人や、現在高血圧がある人、肝臓や腎臓の病気になっている人も悪影響になりかねないためレビトラの処方が行われない場合が多いです。

クリニックでは簡単な問診だけで処方を行うようなところもありますが、EDの原因を知るためには検査なども行ってくれてしっかりとした診断のもと薬を処方してくれるところの方が安心です。